javascript

医学博士の鍼灸院

劉先生鍼灸院は日本にいながらも中国の医科大学の先生により中国大学病院で鍼灸の最高な技術の治療を受けられる。

  院長は西洋医学の博士ながら東洋医学の分野でも豊富な専門知識と臨床経験を持ちあわせている。

 当院は現代医学の幅広い知識と診察技術を基に、画像、精密検査などのデータを参考にしながら、中国伝統医学の診断法を加え、舌や脈を診て、その上、特種中国鍼灸法温熱竹筒療法など独特の技法を行うことによって、どこに行っても治らなかった頑固な肩、首の痛みや頸椎症の症状は初回の治療でも改善を実感する患者さんが多い。

 日本の全国から頚椎(首)に問題に抱える多く患者が訪ね、「もっと早く来れればよかった」と感動する声を寄せられている。 

 ただし劉先生は「すべての人同じような効果、感想になるとは限りません」と説明しております。

当院の特徴

 

ryuusennsei.jpg


特徴1 中国特種鍼は普通のイメージするより10倍以上に優れた効果と言われる。 

 中国では鍼という仕事は日本と違ってやはり資格をもっている医者が行う職業です。私は中国の医科大学では西洋医者と大学の教師の仕事をしていました。 

 自分がちょっと謙遜ではない話では鍼灸の仕事の中では30年以上を渡り、東洋医学と西洋医学の臨床経験を持ている私は頚椎・首の軟組織の施術だけではなく治療理論に関する面ではより実力を持っていたと言えるでしょう。

 中国特種鍼は普通の鍼よりさらに10倍以上に優れた効果が出るのはすでに中国疼痛医学に認められました。 

 この特種中国鍼で首症状、頭痛めまい、首から多彩な症状を改善する施術するのは私の技術です。 

 日本では唯一の高い技術の鍼法 

 中国特種鍼は中国大学で利用されている最新の治療理念

 西洋医学と東洋医学の両者の知識を持たないと身につけにくい施術 


特徴2 毎週一回、12回のワンクールの通院でひどい症状を抑え、かたまった症状を改善すると言えます

 

 中国では中国特種鍼法は普通の鍼より10倍以上の効果だと言われている、「今までの施術よりずっと効果がよかった」という鍼を受けた方のほぼ全員に評判されています。

 それに長く施術期間を要らず、だいたい12回ワンクールの通院でひどい症状を抑え、改善、好転に繋がる、これは施術後の皆様の声です。

 


 実際は首の痛み、頭痛・めまい患者さんが単に「首だけがつらい」という症状を訴える人はすくない、ほとんど全身に及ぶ苦しい症状に辛くさせられます。原因不明な

 自律神経失調、不眠、うつ状態、脱毛、顎関節、目の症状。。。。。

 痛みは頭痛から首の痛み、肩こり、背中、腰痛、股関節、膝、かかとまで。。。。

人間の体は一つのものをとして、全体のまとめたエネルギなので体のどこかで問題が残れば再発のもとになるはずと考え、首の施術と言っても、全身のすべての病状や痛みを消させるのは義務です、これは施術理念のうち、重要な一つだと考えています。

 そのため、首と全身の症状を改善する同時に再発しにくい体になります。

詳しいことは

首の痛み針の治療専門にご覧になってください。 

院長は首と頸椎問題についての話

 

院長は首と頸椎問題の話

 現代では頭脳労働の増加に従って、この頚椎疾患、上位頚椎の疾患が増える一方です。

人間の健康に影響する疾患になる大きな3つの原因について、このように述べた学者がいます。

 三大原因として

 病原微生物 精神疾患のほかに頚椎疾患です。

 

 頚椎疾患はすでに第三の発病原因(特に上位頚椎)に並び、これを脊原性疾病とも言います。 

頸椎疾患が人々の健康に襲われている。。。。世界共通!人種無差別! 

若い年代から一般の人々から、 
現場で働く人、机に向かって仕事しているひと 、医療者としての私でも一人子の娘でも 
毎日治療室の患者さんの全員。。。この頚椎の症状に悩まれています。 

exclamation&question貴方の大事な頚椎は問題がないですか 

あなたは長い年で首が痛いひどい肩こりなど症状がありながら 
血圧下がる薬を飲んでも下がらない高血圧があります、  
心臓の検査の異常がないが不整脈がよくあります、 
頭痛、めまい、視力の傷害、咽頭の異常感、、呼吸不調、胃腸がよくない、 
体の片側ばかりから最近両側の体にも辛さが出ました。 
腕のしびれ、治りにくい腱鞘炎、背中、腰が重い、下肢のしびれ股関節が痛い、膝が痛い、かかとが痛い。。。 とにかく疲れやすい、体中にあちらこちらがトラブルを起き、病院で「自律神経失調症」の病名をもらった。 以上のどちの症状があれば 

ここで毎日夢中に頚椎症状を改善する専念しているものとして頚椎問題を研究し続ける専門に首を施術をするわたしはあなたも頚椎問題に取り込まれるかもしれませんと注意させていただきます! 

 ですから、ここでこの頚椎疾患を認識してもらい、そしてあなたの脊椎、上位頚椎を大事に保護しましょう!

 最後に覚えていただいてほしい言葉があります。

首は健康の禍、健康の要! 

健康を医者に任せずに自分の努力に任せましょう!

私の治療理念

 優秀な治療者として自分の治療技術に明確な施術理念を持たなければならない。 

 中国特種鍼は単純の東洋医学から出発点とする普通鍼と違って東洋医学と西洋医学を統合する施術理念、鍼法です。  

 私の施術理念、すなわち中国特種鍼の施術理念です。 

 痛みの治療として狙うのは整体や整形外科と違って変形した骨ではなく、根本の原因になる損傷した「短縮した筋肉」です。患者さんがよく「レントゲン画像がなくでも治療できますか」という質問に治療するのは筋肉だから画像があれば参考程度なので無くでも鍼治療になにも影響がないと答えます。 

 普通のイメージする鍼の治療は人体の経絡のツボに鍼が当たり、循環を改善することによって「短縮した筋肉」をほぐす効果がありますが、しかし長い治療期間が必要がある。特に治療の初めの段階で、長い期間で損傷した石灰化された筋肉は鍼治療によってほぐして、また戻るという繰り返しす過程を経過して、治療回数にしたがって徐々に改善しにいくため、施術期間が必要があるという問題にどなたでも否定できません。

 それに比べ中国特種鍼は中国古代の八鍼の特徴として施術者の高い技術によって損傷した筋肉、運動応力を一番受ける癒着した、骨と筋肉付着する場所を刺激によって、速やかに短縮した筋肉を回復させ、筋肉などの軟組織を早いうちに和らげるという根本的な施術法です。ですから

次のような方々に

日本の頚椎・首痛みの治療法を受けたが改善できなかった方、

中国、日本鍼を受けたが改善されなかった方

まず希望を持って劉先生鍼灸院に辿りつくのはあなたの苦痛の症状から解放できる第一歩です。

詳しいことは

お客様の体験談に

お客様の取材

劉先生のプロフィール

 

1982年 中国医科大学                    医学部卒業   

1983年 中国遼寧中医大学               講師   

1996年 日本の愛知医科大学で            医学博士号 

2001年 小田原駅前「劉先生鍼灸院」      院長 

*現在小田原の劉先生鍼灸院院長と併せ、

*中国遼寧中医大学の                     名誉教授

*2010年中国では特種中国鍼法の実績を認められ、 「中華名医」の名誉を取得

 

ごあいさつ

 

劉先生.jpg頚椎専門鍼灸院、院長の劉(リュウ)莉亜(リア)と申します。 

私はもともと中国の医科大学で医師として医療に従事しておりましたが、医学博士号を取得するために、20年前に日本にやってきました。 今は、今まで中国の医師、そして鍼灸師の経験を生かして、小田原で頚椎専門の鍼灸院を開業しております。

 中国の最新の鍼法、最新の施術理念を取り入れて、首の治療に取り組んでおり、鍼灸院には様々なお悩みを持つ方々が日本全国からお見えになります。

 日本では首に問題があり、頭痛、めまいなどの上部頚椎からくる症状を訴える方が非常に多いです。

 首の辛さだけではなく、そのうえ首からくる色々な辛い症状が多彩に出ます。それなのに、最適な対応を受けられない、辛いのに病院に行ったら医者が自分の専門分野しかわからない現状では、辛い症状に対して局部の対症治療しか行わないので、根本の原因である首に繋がることを明瞭にで着ないため、辛い症状を持つ人々は生涯、首の辛い症状と闘わなくてはいけないのです。

 そのため、更なる頚椎の技術や施術理念を身に付けるため、日本より痛みに対する治療との研究がずっと進んでいる中国に渡り、研究、勉強しょうと決心をしました。

 毎年2回、中国の頚椎の名医を訪ね、中国特種鍼法大会と言う学会に出席して、頚椎治療と研究一筋に夢中になって情熱を注いでいます。

努力の結果、治療経験や実技の確かさを認められ、中華人民共和国の名医「医学の秀逸な人物賞」の名誉を授与されました。 

 首になんらかの症状があり、頭痛とめまい。。などの症状を訴え、私の鍼灸院に辿り着いた患者さんは助けることができますが、現実では、首の知識を認識している医者が非常に少ない状態ですので、症状を持つ方が自分自身の辛い症状の原因が何なのか、どうすれば良いのかは分かりません。

そのため、病例から頭痛、めまいの原因になる頚椎を全面的にここで解釈させて頂きます。

詳しいことは

頸椎・首鍼灸専門をご覧になってください

▲このページのトップに戻る