javascript

不妊症・難治性不妊症の鍼灸治療は優れた効果があると認められています。

1609831114(1).png鍼灸治療は中国医学の宝庫の中では一つの輝かしい明珠として、長い歴史の中、あらゆる疾病を治療することに優れた効果が確実され、

 不妊症・難治性不妊症の鍼灸治療は更に代替できない優位性があると認められています。


一、不妊治療における鍼治療の役割

1.鍼灸は子宮内膜の受容性を調節し、受精卵の着床に良好な条件を提供することができる。  


2.鍼灸は患者の焦慮などの不良感情を緩和し交感神経の興奮性を抑え卵胞の品質を高めることができる。   


3.鍼灸は排卵率を高めることができる 。

二、鍼灸は体外受精・不妊治療における役割

1.月経2-3日目

この時、鍼灸は、子宮の汚血を取り、粘膜を新生、新しい子宮環境を形成することができる。 

同時に卵巣の血流を改善、卵胞の形成を促進する。
  

2.月経の9日目、すなわちIVF周期中のHCG注射日

この時、鍼灸はLHピークの出現、卵子の最後の成熟と黄体形成を促進する。 

そのためHCGの使用量を減らし、排卵誘発薬の副作用を軽減することができる。


3.月経の13-15日目、すなわち卵胞採取の手術後、胚の移植前

この時、鍼灸は手術の刺激を軽減、患者の緊張と圧力を緩和して、

子宮内環境を調整、内膜の血液を改善、増殖期から分泌期への転換を促進、体外受精のため条件を作ることができる。 


4.胚の移植当日の手術前後 

この時鍼灸は患者の緊張感、子宮の受容性を改善、子宮の収縮運動を制御することができる。    


5.黄体期の初期、すなわち移植後2-3 

この時胚胎着床が近づいて、鍼灸は着床の窓』維持して、胚胎着床に役立つ。

 

▲このページのトップに戻る