javascript

頚椎症や首の不調はインポテンツや不妊にもつながる

当院は不妊症、難治性不妊症に鍼治療に来る患者さんが多い。

短期間の鍼治療の効果は患者さんにもそうですが体外受精不妊治療に評判がいい専門病院に認められています。

当院の不妊症、難治性不妊症に関する治療の特徴



頚椎や首の不調は、頭痛めまい、首こり肩こりなどの症状を引き起こす可能性があり、これはよく知っている常識です。

しかし、インポテンツや月経不調、不妊などに悩む人は自分の首や脊椎の問題から来る原因かと考える人はす少ないでしょう。


頚椎症は高級神経机能と神経中枢の機能不全を引き起こし、内分泌機能を乱れさせ、下垂体の性腺刺激ホルモンの分泌を抑製し、機能に影響を与えると警告した。 「頸椎(けいつい)に機能障害を起こした患者にとって、頸椎(けいつい)を治す以外に問題はない。補腎ばかりしていたら、逆効果になるかもしれない」 珠江病院リハビリテーション医学科主任の黄国志教授は次のように述べた。 脊椎に問題があると全身が疲れる 「私たちの体の中で、脊椎は大きな木の干のようで、私たちの命を支えて春と春を過ごした」と、黄国志は、人間の脊柱はストレスを受けると同時に、脆弱な面を持っており、「脊椎に異常が出たら、脊椎とは無関係に見える病気がたくさん出てくる」と述べている。 黄国志は、脊椎は内科、外科、神経科、小児科、眼科、皮膚科、耳鼻咽喉科、内分泌科と密接な関係があり、「脊椎に起因する疾患はすでに百種類以上ある」と指摘している。 「高血圧、頭痛、脳卒中などの症状を引き起こす可能性があるほか、脊椎も性福に影響を及ぼす可能性がある。」。 黄氏は、脊柱を研究していた20年以上の間、臨床的に似たような症例に遭遇したことがあると述べている。「脊椎の病気で受診した男性患者の中には、不注意で『私の年齢は大きくないが、その面ではいつも少し力が入らない』と言う人もいます。脊柱の治療を受けた後、彼らは驚いて、自分の『性福』が改善されたことを発見しました。 月経不調や不妊に長い間悩まされ、婦人科を見ても好転せず、脊椎に問題があることに気づいた女性患者もいます」。頚椎症は高級神経机能及び神経中枢の機能不全を引き起こし、内分泌機能を乱れさせ、下垂体の性腺刺激ホルモンの分泌を抑製し、機能に影響を与える。 また、頚椎症は交感神経や椎骨動脈を刺激・圧迫することで、反射的に大脳皮質中枢が抑制され、陰茎の勃起機能に影響を及ぼす。 「このような状況で、まだ補腎ばかりしていると、効果は適切でなければならない

不妊症・難治性不妊症の鍼灸治療は優れた効果があると認められています。

1609831114(1).png鍼灸治療は中国医学の宝庫の中では一つの輝かしい明珠として、長い歴史の中、あらゆる疾病を治療することに優れた効果が確実され、

 不妊症・難治性不妊症の鍼灸治療は更に代替できない優位性があると認められています。


一、不妊治療における鍼治療の役割

1.鍼灸は子宮内膜の受容性を調節し、受精卵の着床に良好な条件を提供することができる。  


2.鍼灸は患者の焦慮などの不良感情を緩和し交感神経の興奮性を抑え卵胞の品質を高めることができる。   


3.鍼灸は排卵率を高めることができる 。

二、鍼灸は体外受精・不妊治療における役割

1.月経2-3日目

この時、鍼灸は、子宮の汚血を取り、粘膜を新生、新しい子宮環境を形成することができる。 

同時に卵巣の血流を改善、卵胞の形成を促進する。
  

2.月経の9日目、すなわちIVF周期中のHCG注射日

この時、鍼灸はLHピークの出現、卵子の最後の成熟と黄体形成を促進する。 

そのためHCGの使用量を減らし、排卵誘発薬の副作用を軽減することができる。


3.月経の13-15日目、すなわち卵胞採取の手術後、胚の移植前

この時、鍼灸は手術の刺激を軽減、患者の緊張と圧力を緩和して、

子宮内環境を調整、内膜の血液を改善、増殖期から分泌期への転換を促進、体外受精のため条件を作ることができる。 


4.胚の移植当日の手術前後 

この時鍼灸は患者の緊張感、子宮の受容性を改善、子宮の収縮運動を制御することができる。    


5.黄体期の初期、すなわち移植後2-3 

この時胚胎着床が近づいて、鍼灸は着床の窓』維持して、胚胎着床に役立つ。

 

▲このページのトップに戻る