javascript

劉先生鍼灸院で顔面神経麻痺を治療する過程

  僕がこの病気になったのは3月上旬の時,異常だと思ったのは部活でした。

 この病気になる前、目の周りや口の部分がけいれんのような感じでした。

  後、舌の感覚がなく、味が変な感じでした。

  この病気になってから右目や口で閉じることができなくて、特に口はうがいが飲みものなど飲んでもこぼれることがありました。

 味覚は少しずつでしたが元に戻りました。

大学病院に行き、正式に顔面末梢神経麻痺と診断されて、その日に入院させられました。

病気の治療の為に首の骨を削って、神経の圧迫から抑えて手術するかそれとも投薬するかどっちかにしても治るというより、治りやすくするといわれたので。

両親がパソコンで劉先生のところをみつけました。退院してすぐに劉先生のところに行き、治癒をはじめ、

ゲームは1〜2時間半くらいやっていました。さいごに僕は16歳の学生です。正直、とてもショックで立ち直れませんでした。

でも先生のおかげで希望が持ったと思います。

exclamation×2 劉先生は「すべての人同じような効果、感想になるとは限りません」と説明しております。

▲このページのトップに戻る