javascript

頚椎(首)の症状が出る原因

首の症状が出る原因

Fc4eee56a956c14e頚椎は七個の頸椎骨が序を呈する整然の配列している。なぜなら

それは頚椎周囲の廻りに安定させる筋肉や筋膜等の軟部組織があるからです。

例えといいいますと

電柱は地面に丈夫に直立ができることはそのつけ根を土に埋められ、周囲には鋼線がそれを固定しているからです。

頚椎を電柱としたらその頚椎を安定させているのは筋肉、筋膜、靭帯などの軟部組織です。

この軟部組織は慢性疲労や事故等の原因で過緊張になり次第に痙攣、癒着、カルシウム化、傷痕など病理病変になると、頸椎周辺の筋力は減退になったり失ったりするようになります。(既存の機能は弱めるあるいは消える)

上の例を続きますと

電柱周囲の縄鋼線はもし一本さえ根を切られたり、つけ根の土は緩んだりすると電柱の安定性がすぐ失て、歪めになったり倒れることになったりします。

これは頸椎を安定させる軟部組織の筋力と同様なことです。


頚椎周辺の筋肉などは弱くなると頚椎の安定性を保つ均衡性、穏事象を次第に失て、頚椎の頚椎骨が輪転、移動、前の突出、後の膨出の病変になり、

頚椎骨を通っている神経、血管に圧迫され、いろなの症状を引き起こすようにになります。


▲このページのトップに戻る