javascript

自分でできる塩袋を重要なツボ「腎兪」に活かさせる

ひらめき首や肩・頚椎症の治療と言うと私の腕が大事ですが患者さんとして治療後の首・頚椎のケアもとても重要です。

そのためいつも患者さんの首症状を回復するに随ってケアの方法や寝方.枕などの話をしています。

 ケアの方法は生活.仕事、ストレス、枕、くせいになる姿勢、ストレッチのいろいろの面からしなければならないですがここに紹介するのはひとつの免疫力を高めるツボを紹介します。

 

腰に人間の健康にコントロールする根本なツボがあります。

これは「腎兪」と云います。

鍼灸の先生たちはどの病気を治療している時でも、外せずこのツボを取るはずぐらい重要なツボです。

このツボは人間の抵抗力や性の機能と直接に関係があります

残念ながら人間が年に従って腎の機能が衰えていく、そのため、耳鳴り、腰痛などの症状が出ます。

 

0003ff2d383c0c830b110b 
古人の経験では腎の機能は腎兪を通して強くさせられることができるので腎に温かくさせ、愛情にあげればその衰えていくことを防ぐことができます。

 

劉先生鍼灸院での蝋泥温熱療法や御うちで自分でできる塩袋治療法を利用すれば、とてもいい方法だと勧めます。

▲このページのトップに戻る