javascript

自分でできる熱塩袋の首・頚椎症治療法

 

椎·冬の寒さで頸椎が悲鳴しています。
そして頸椎は人をいじめっています。

そこで患者がどうしったらいいかわからず

泣いています


治療院に来れれば私の腕で十分に回復させますが

来れない場合では家庭でも自分の首に愛情に当たりましょう。


真剣に愛情があげればきっといい結果が出るに違いない。


「熱塩袋」で首・頚椎症を治療する方法

oneまず熱い塩を入れるための20×40cmぐらいの綿袋を準備しておく。

twoそれから500gの粗塩を用意した綿袋に入れ、袋の口をしっかり縛る。

three塩袋を電子レージに入れ2分間ほどを温かくする。(手で触るとちょっと熱い程度)

あるいは微火で塩を適当に熱くなるまで炒めてもよろしいです。(フライパンには油を入れずに、もし食塩に紅花や、山椒のたぐいの漢方薬があればいれるなら効果はいっそうよくなる)。

温い塩袋の熱さを逃げさせないためタオルで熱塩袋を包んでもいい

four人はうつ伏せ、熱塩袋をちょう頚椎(首)の後ろのところに当たります。
あるいはソファーに座って首の後ろに当たるところに置いでもOK。


danger最初は熱塩袋がとても熱い感じがしたら、火傷をしないように首にタオルを敷いてからその上に熱塩袋を、熱く感じなかったら熱塩袋を直接に首の肌に熱さが下がるまで敷く。

scissorsこのときになると全身はに伸び伸びしてとくに腰の腎臓辺りまでいい気持ちを感じするように最高の気分です。

毎日に2回か3回か、
早足歩くや泳ぐなど適当の運動とあわせて

半月を続いているうちに首に痛みて、腕の痺れ、筋肉萎縮等の症状が明らかに改善ができる。
軽い人は一ヶ月ぐらい続ければ症状がなくなり以外の喜ぶ結果が出るはず。


かわいい熱塩袋は首の局部の血管拡張させ、血流の運行が良くなる。

 局部代謝産物の排泄を促進する。

 筋肉の痙攣やかたまりを解す。

 炎症と汚血の吸収を促進することによって痛みと腫れを消す作用。

▲このページのトップに戻る