javascript

世界で流行する下肢の筋肉を伸ばす方法(首痛み腰の痛み足の痛み患者のため)

53_6_eefe820d0696ee4

今の現代医学では「筋の短縮」という概念はまだないようですが、

しかし患者が長く首、肩、腰、あしの痛みに苦しめられでもこの痛みになる根本原因は知らない人が多いです。

実はいろな痛みは「筋短縮」に直接に関係があると認識されています。(他の文章にすでに述べた。)

このため.鍼灸によってこの短縮した筋肉を刺激によって素早く元に戻る治療するが治療後、その効果を持続させるため、私はいつも患者に筋肉を伸させるストレーチをしてくださいと注意する。

その場合ではどのストレーチをやったほうがいいかよく聞かれた。

世界で流行っている下肢の筋を伸させる方法を教えます。この方法を続けるうちにその効果を味わった人が大勢にいましたという本を出す有名な中国の先生がいました。

sun仰向けに下肢筋肉を伸ばす方法

このストレーチを始める最初に伸された筋肉の痛みに耐えなくなる人がいます、その痛みはきつく伸ばされた筋肉を傷つかれたではないかを心配して、ついやめようと

M_1思う人がよくいました。

実はこの場合では長い間に縮め固まった筋肉は、なかなか伸ばしにくい状態になるため、伸ばされた筋肉の反応がきつければきつい感じするほど伸ばさせていく必要がある。

このとき、もし痛いと思ってやめさせると筋肉はますますきつく硬く縮めていく可能性がありますので、痛みを治療しにくい原因にもなる。 

ですから頑張っていくと伸ばされた筋肉の痛点は筋肉を緩めることにしたがって消してしまうはずです。

鍼の治療した後治療結果を維持させたい方、

腰痛や痺れや足が痛みなどの持病を自分で治りたいかた、

いろな病気発生前に未病発生を予防することを考えるかた

この下肢の「筋の短縮」を伸ばす方法をやりましょう!

毎日ごとに1〜2回ずつ、毎回10分ほど

続ければ何年の苦しさも慢性の痛みも自然に柔らかくになる、自分にも思いかけない効果が出るはずですよ。

sun具体のやり方:


1二枚の椅子を壁際、或は戸のかまちのところに置く。

 

M_2
M2壁際あるいは戸のかまちに置く椅端に座り、お尻を出来る限り椅の端に移って座る。

3 仰向けに寝て右の足(左)を壁の柱或の戸のかまちに寄りかかるようにをまっすぐ上に伸ばさせる。

4左(右)の脚はひざを曲げ、出来る限り地面に触わり、両手を


この間では左脚は自転車に乗るように素振りして膝関節に有利です。
頭の上に持ち上げ椅(図)にて、10分間ぐらいを続く。

5. その後、椅子を反対側に移り変わり、右脚を左脚に変わり再び上の方法に繰り返す。

▲このページのトップに戻る