javascript

目の疲れの治療法ー奇穴爪圧法

 中国遼寧中医大学で仕事をしているとき,90歳に近くてメガネをかけずに新聞を読める先輩の中医医者がいました。自分でもできる目のケアと治療する、とてもいい方法を教えてもらったことがあった。

                         コンピューター仕事している人、

頸椎疾患を治眼睛妙方している人、

目の疲れや老眼になりはじめた人に

ここ方法を差し上げれば半年ぐらい根性よくやってみてくださいこの方法を使って半年ぐらい続けているうちにすでにメガネをとってしまって視力の検査では1.2になったと喜ぶ報告する患者がいました。

 

 私達の親指では近く位置している三つのツボがある。それぞれの名前は「明眼」、「風眼」、「大空骨」(図の通り)という。

 明眼,風眼は目の疲労と急性結膜炎を改善できるが大空骨はすべての原因からの眼の症状を改善できる。

ふだんの仕事で目がいつも疲れると感じする方は

毎日ににこの三つのツボを3回ごと一回は5分程度で刺激すればツボを刺激され生かせます。

impact刺激の方法は、反対の手の親指と食指でしっかり親指を挟む。

この反対の親指の生爪でそれぞれこの三つのツボにしっかりいい刺激を与えてください。

少し痛みを感じる程度の力で指圧ー停まるー指圧ー停まるのリズムでよく押しましょう。

この方法は簡単で利用し易いでしょう!

仕事の合い間、電車に乗っているとき、車で渋滞を待っている間に忘れずにすぐ使いましょう。

impact目の疲れる原因で寝つきが悪い人がよくいます。

上の方法でこの三つのツボに刺激を与えると目のの疲れを取ることにしたがって自然的に寝やすくなります。

impactまた続ければ年寄りの白内障にも予防や治療の効果が果たすことができるということです。

▲このページのトップに戻る